PAGE Donation

©HONDA ESTILO /@ 01homeless

過去から未来へ。 全ての瞬間、
それぞれの“PAGE”は 繋がっている。
今できることが 未来を豊かに。

“PAGE”のアイウェアをお買い上げいただくと、途上国の教育支援、人材養成など、未来の子供たちの支援に繋がります。

私たちは、“PAGE”の売上の2%を未来の子供たちへの支援に寄付するドネーションプログラムを立ち上げます。
“PAGE”ファーストコレクションでは、カンボジアの子供たちへの教育支援、人材養成等を行うNPO団体へ寄付を行うことで、豊かな歴史と遺産を誇るこの国の景色を守り、未来の“PAGE”に繋げていきます。

2018年度の寄付先のご紹介

カンボジアで遺跡と村の共生を目指し、人材の養成、インフラ整備、子供たちへの教育支援など、様々な活動を行なっているJST(Joint Support Team for Angkor Preservation and Community Development)様に、"PAGE"の本年度の売上の2%を寄付いたします。

団体名:
Joint Support Team for Angkor Preservation and Community Development
(アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構)

活動概要:
・インフラ整備|村落内に必要な道路や橋,学校などの公共施設を建設しています。
・人材の養成|これからカンボジアの遺跡を保存や、地域の未来を担う人材を養成。
・小規模事業の立ち上げ|地域の特色を活かした村落内で運営可能な小規模の事業を立ち上げ、その利益を地域に還元する仕組みを作ります。
・子供たちへの教育支援|教育環境を充実させるとともに、未来を担う子供たちが、広く世界に触れる機会を創出していきます。
・環境保全活動|遺跡と地域と自然が共生する場を目指し,植林活動や環境教育を行っています。

ウェブサイト:
http://www.jst-cambodia.net/index.php

寄付金額、用途等の詳細につきましては、今後本ページ上で随時公開してまいります。

“PAGE”のアイウェアをお買い上げいただくことで、子ども達を幸せにする支援に繋がります。

PAGE donationspecial supporter
KeisukeHonda

ドネーション企画賛同・サポートにプロサッカー選手本田圭佑氏を迎え、
自身のライフワークでもある社会貢献活動の一環として“PAGE”のドネーション活動を支援します。

サングラスがとにかく好きなこと、
その好きなサングラスが1つ売れるたびに貧しい人々に寄付したいという想いが重なったことから、このプロジェクトが生まれました。
― 本田圭佑

本田 圭佑Keisuke Honda

2010年W杯南アフリカで2ゴールを決め世界の注目を浴びる。2011年アジア杯では日本優勝の立役者となりMVPを受賞。2014 年、ACミランに移籍し背番号10を背負う。同年のブラジルW杯でも1ゴール1アシストを記録。
ビジネス面では、国内外に約70校のサッカースクールを展開。オーストリアやカンボジアでサッカークラブの経営に携わりながら、サッカーを通した世界中の子ども達に向ける活動が認められ2016年に国連財団から「GLOBAL ADVOCATE FOR YOUTH」に任命。サッカーだけでなく、社会問題などに目を向けながら活動中。

本田圭佑氏の写真©HONDA ESTILO /@ 01homeless